トップページ > 腰痛が起こる原因について← 今ここ

腰痛が起こる原因について

腰痛の原因はいろいろありますが、その約85%は原因が特定できない腰痛だといいます。

残り15%の原因が特定できる腰痛には、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、圧迫骨折や細菌感染、がんなどがあり、また、消化器系や泌尿器科などの内科的な病気も腰痛の原因となりえます。

8割を占める原因がはっきりしない腰痛は、生活習慣やストレスなどが原因と考えられ、病院で検査しても原因は特定できません。

日頃の姿勢や運動不足、肥満や冷え性、ストレス、不安、不眠などの体や心の調子が複雑に絡み合い、影響を及ぼしているのではないかと考えられています。

このような腰痛は、放っておく事で腰痛が慢性化してしまう事も多くあるので、ストレッチやカイロプラクティックなどでケアする事が大切です。

そもそも原因不明の腰痛というのは病院や医学で解明できていないと言うことで、カイロプラクティックなどの手技を使った治療の世界では、割と対処法が見つかっている腰の痛みもあります。

整形外科や病院で原因のわからなかった腰痛に関しては、カイロにご相談頂ければ違ったアプローチでの治療が可能になっています。

腰痛の原因や症状に付いては腰痛の痛み治療大辞典でも詳しく説明されていますので、お時間があればご覧ください。