トップページ > 腰痛の方が日常生活で避けた方がいい姿勢← 今ここ

腰痛の方が日常生活で避けた方がいい姿勢

腰痛を抱えているほとんどの人が原因を特定できないと言われており、日常生活やストレスなどの様々な要因が複雑に絡んでいると考えられています。

痛みがあってもきちんと対処せずに放っておいたり、その為に腰痛を何度も繰り返している事で慢性化してしまう事も少なくありません。

慢性化を避ける為にも、腰痛の方が日常生活で注意しておきたい事があります。

まずは、痛みがある時は安静にしている方が良いと思っている人もいると思いますが、安静は必ずしも腰痛に良いとは限りません。

ストレッチもそうですが、筋肉は動かすことで緩むので、安静にしすぎると逆に固まってしまいます。

原因が特定できない腰痛の場合、運動不足が関係している事も多い為、可能な範囲で体を動かす事は重要です。

また、普段の姿勢も腰痛に影響しているといいます。

私は長年、慢性化した腰痛をみていますが、多くの腰の痛みの原因は『習慣化した姿勢』にあると思っています。

同じ姿勢が習慣化してしまうと、負担の掛かる部位が決まってしまい、それによってその部分に負荷が重なってしまい、結果として腰痛となっているケースが多く見られます。

腰に悪い姿勢の代表的なものが、日常生活の中で椅子に座り足を組むことです。

こういう習慣の積み重ねが腰痛の原因になりますし、こういう姿勢の癖を改善していくことが、腰痛予防にもつながります。