トップページ > 腰痛に効く薬にはどのようなものがある?← 今ここ

腰痛に効く薬にはどのようなものがある?

腰痛はストレッチやカイロプラクティックなどでも緩和されますが、痛みが強い場合やすぐに痛みを取りたい場合は薬の使用が一般的です。

通常は貼り薬や塗り薬などを使用する事が多いと思いますが、解熱鎮痛剤などの飲み薬も腰痛に効果があります。

塗り薬と貼り薬はジクロフェナクナトリウムやフェルビナク、インドメタシンなどの非ステロイド性抗炎症薬が配合されたものが市販されています。

これらの成分は痛みの原因物質の生成を抑える事により、痛みを鎮める効果があります。

かつては医師の処方箋が必要な医療用成分でしたが、近年は市販されるようになり腰痛持ちの人に便利になりました。

ちなみに市販のものは、医療機関で処方しているものより成分の含有量が少なくなっています。

しかし実際のところ、湿布や痛み止めで腰痛が改善するのであれば、健康保険のきかないカイロプラクティックなどの治療がここまで増える事はありません。

緊急のときや一時しのぎの対処法であれば薬や湿布に頼るのは良いですが、痛みが強かったり改善があまり見られないような場合は、しっかりした治療を受ける必要があります。