トップページ > 腰痛を緩和させるストレッチ方法← 今ここ

腰痛を緩和させるストレッチ方法

腰痛を緩和させる為に大切なのが、腰回りの筋肉を柔らかくしておく事です。

また、腰痛持ちの人に多いのが腰回りの筋肉の硬さであり、運動不足などにより血流が悪くなり、筋肉が硬くなります。

その為、腰痛を緩和させるのに有効なのは、激しい運動ではなくストレッチなのです。

まずは、両ひじを曲げて床についた状態でうつ伏せになり、ゆっくりと上半身を起こすお腹のストレッチです。

これは椎間板ヘルニア予防の体操にもなるので、一般的に知られているストレッチ法になりますが、腰椎すべり症などの方は悪化する姿勢になりますので注意が必要です。

背中と腰のストレッチは、仰向けになって両ひざを曲げて両手で抱え込み、両ひざを胸に引き寄せるように上半身を起こします。

背中を丸めるようにゆっくりと行いましょう。

これも一般的なストレッチですが、椎間板ヘルニアの方には少し負担が多いストレッチになります。

背筋が固くなるぎっくり腰の症状の際も、あまり無理して体操は行わない方が良いです(次の日やその次の日に痛みが出やすいです)

腰からお尻にかけてのストレッチは、両ひざを立てて仰向けに寝ころんだら、頭と背中は床につけたまま両ひざを曲げて両手で抱えます。

無理のない範囲で気持ちいいと感じる程度で行いましょう。