トップページ← 今ここ

ぎっくり腰や腰痛でお困りの方へ

腰痛やぎっくり腰は様々な原因があるため、「どのような治療をすればいいか」と聞かれて、必ずしもカイロプラクティックとお答えすることはできません。

ただ、腰痛やぎっくり腰の対処法は、それらの原因をしっかりと見極めれば、今よりも症状を改善することも決して難しくありません。

そのため、「手術をしないと治らない」と言われた腰痛の症状でも、原因をしっかりと見つけて、それを対処するような治療を行えれば改善します。

レントゲンやMRIの重要性

もちろん教科書通りに割り切れる痛みというのは、臨床上では少ないのですが、腰痛の場合はまずは整形外科や病院でレントゲンなどの画像診断を受けることが大切です。

整形外科や病院でレントゲンやMRIを撮り、骨折や肉離れなどの"安静が必要な腰痛"でないと判断することが、治療の第一歩になります。

ただ、レントゲンやMRIで病名(椎間板ヘルニアや変形性腰椎症など)が付く腰痛であったとしても、必ずしも腰の痛みの原因がそれらの診断によるものとは限りません。

それでも、自己判断でストレッチや痛み止めに頼るのは、腰痛を余計に悪化する恐れもあるので、整形外科や病院の診断を受けた後、適正な治療を探すことが大切になります。

ぎっくり腰治療の選択肢

具体的な治療の種類は、私が行っているカイロプラクティックも1つになりますが、他にも以下のような選択肢もあります。

  • 整体
  • 針灸
  • マッサージ

しかし、整体や針灸だからと言っても、それぞれに治療方法の種類が非常に多くあるので、同じ市内でも同じ治療法を行っている所は確率的に低くなります。

ですので、腰痛治療に限りませんが、腰痛治療を専門としていたり、腰痛治療の経験が豊富な先生を頑張って探すことが症状を改善に導く大切なことになります

同じカイロプラクティックの治療院でも、必ずしも腰痛の治療が得意ではなく、O脚や小顔矯正などの美容的な施術をメインにしている所も実際に少なくありません。

餅は餅屋ではありませんが、腰痛治療なら腰痛治療の経験が豊富な所を、ホームページや知人の紹介などで探すように心がけてください。

痛みでほとんど動けない場合

また、ぎっくり腰の治療に関しては難しい部分もあるのですが、ほとんど身動きを取れないような痛みであるのならば、アイシングをして安静にするのが1番です。

自分で歩ける程度のぎっくり腰であれば別ですが、人の支えてもらわないと歩けないような症状である場合は、帰りにスキップをして帰れるような状態にはなりません。

そういう場合は腰に炎症を起こして熱を持っていることが多いので、動くと余計に熱を持ってしまい症状を悪化させるだけなので、痛み止めを飲んで寝ているのがおすすめです。

どうしても仕事に出ないといけないような場合は、コルセットやサラシなどでしっかりと腰を固定する方法もありますが、休めるようなら極力休んでください。

痛みを放ったらかしにすると

1日無理をすることで、結局2週間・3週間と症状が長引いてしまい、結果として仕事の効率が落ちてしまったり、慢性的な腰痛になってしまう方も少なくありません。

ぎっくり腰の治療は、痛みが治まってきてからが本番になりますので、固まった筋肉をしっかりゆるめておく事が再発予防につながります。

私はカイロプラクティックの施術をしているので、腰へ直接触れることが多く、整形外科の考え方とは少し異なった部分もありますが、だからこそお話できる内容もあります。

腰痛やぎっくり腰は対処法を間違えなければ症状の改善は難しくありませんので、ぜひ一緒に痛みの改善を目指して行きましょう。

腰痛が起こる原因について【次のページ】